歯周病について

歯周病ってなに?

歯周病は、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していきます。

1.歯を失う最大の原因です!

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血が出るという自覚症状が出る30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。むし歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに…なんてこともありえる横綱級のこわい病気なのです。

 

2.悪化するとこわい!

歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯周炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。ほとんどの人は、<歯肉から血が出る>といった自覚症状を感じてからはじめて歯科医の診察を受けに行きますが、このような症状があるときは、かなり悪化した状態なのです。ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。50歳代で"自分の歯がほとんどない"ということにならないよう、日頃から歯周病の予防をぜひ心掛けたいものです。

 

3.歯周病チェック!

■出血
毎日の歯みがきで出血していませんか?

■腫れ
歯肉が赤く腫れていたり、なんとなくしまりがなく、ブクブクにゆるんでいる感じがしませんか?

■口臭
口臭が続いていたら要注意!本人は気づきにくいものですから、家族などが知らせてあげましょう。

■痛みなど
なんとなく、どこというわけではないけれど、痛い・かゆい・不快だと感じたら要チェック!

 

4.日頃のケアーで撃退しましょう

■毎日のブラッシング
毎日、きちんとブラッシングをしてていねいに歯垢を取り除くことが大切です。ただし、[磨いている]と[磨けている]は異なりますので、歯科医にしっかりとしたブラッシング方法を学びましょう。

■定期検診
歯垢を放っておくと、石のように固い歯石になります。こうなるともう日常のブラッシングでは取れません。少なくとも半年に一回は定期検診に行き、歯石除去と歯の健康チェックをしてもらいましょう。

■早めの診療
歯周病は、初期のうちなら完治することができますし、かなり悪化しても、現在は治療法の進歩で適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、抜かなくてもすむケースが多くなってきました。少しでも自覚症状があったら、痛みが無くても積極的に診察を受けましょう。

 

5.ブラッシングをマスターしましょう!

むし歯や歯槽膿漏、歯肉炎を引き起こす原因菌は歯垢(プラーク)にあります。
歯垢は細菌のかたまりです。この歯垢を毎日の正しいブラッシングによって取り除いておかないと、健康な歯を維持することはできません。むし歯が原因で頭痛、肩こり、内臓疾患などをひきおこしたりすることもあります。

 

集中力の低下にもつながり、仕事や勉強の能率もさがってしまいます。毎日をより快適に過ごし、食べ物をおいしく食べるためにも、正しいブラッシングはとても大切です。

 

6.歯ブラシの選び方ポイント

1.大きさ
大きい歯ブラシでは口の中で動きが取れません。 歯の奥まで届くような小さめの歯ブラシを選びます。 使う人の上の前歯2本分くらいが良いでしょう。

2.硬さ
やや硬めで毛先に弾力性のあるものがおすすめですが、歯肉炎などの症状がある方は、少し軟らかめのものを使用し、回復してきたら少しずつ硬めのものにしてみましょう。

*歯ブラシの取り替え時期
歯ブラシを背の方から見て毛先が柄からはみ出してきたら、取り替えの時期です。目安としては月に1本くらいです。

*歯みがき剤
歯みがき剤を使用すると、ブラッシングが短時間になりがちです。最初は歯みがき剤なしでゆっくりと時間をかけてブラッシング、その後で歯みがき剤を使用するのがよいでしょう。量は「毛先にほんの少しだけ」で良いのです。

 

7.ブラッシングの基本

1本1本ていねいに歯垢をとりのぞくことがブラッシングの目的です。鏡を持って目で確かめながらみがくとみがき残しが減ります。

 

1.力を入れすぎない。ゴシゴシではなくサラサラと。

2.みがく場所によってブラシの持ち方を工夫する。

3.みがきにくい場所からみがく。みがく順序を決める。

 

■歯肉と歯に対してブラシを直角にあて、小きざみにふるわせる。
1箇所20~30回。 歯肉と歯の境目にブラシを45度の角度であて、歯周ポケットの中にブラシの先を入れてやさしくふるわせる。

■歯間ブラシ
細い針金の周囲にブラシをつけたようなものです。 歯ブラシの毛先が入りにくい歯と歯の間、歯ぐきの近くをきれいにします。すき間に入れて前後します。かなりの歯垢や食べカスがとれます。サイズはS・M・Lなどいろいろありますので、自分にあったものを選び、入らないところには無理に入れないようにします。

■デンタルフロス
ナイロンの糸を歯と歯の間にすべらせるようにいれて、歯垢や食べかすをしごき出します。すき間のせまいタイプの人につかえます。

■電動歯ブラシ
ブラシ先端が左右に振動するものや、回転するものなどがあります。便利なものですが、力のコントロールが難しいようで、上手に使いこなさないと歯肉を痛めたりすることがあります。歯肉に炎症のあるときはひかえます。

院長紹介

医院紹介

治療のご案内

診察予約

お問い合わせ

歯医者の独り言 院長ブログ

仙台市 歯科 歯科医院 歯医者 仙台 医師 衛生士 求人 虫歯 歯周病 宮内歯科医院

ページの先頭へ戻る